読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない記録

なんとなく自分の意見を書き記すときにつかいます。つまり不定期更新です。

国の運営に関わるもの、つまり、全政治家とその関係者の責任だろ

「御嶽山の観測強化、自民が除外」 枝野氏、仕分け否定:朝日新聞デジタル

もうそういう次元の言い争いやめようよ。国の運営に関わっている政治家の10年〜20年の活動の大半を民衆は否定しているわけで、当時の政権運営がどうこうという言い訳はどうでもいい。野党不在をまずは解消しろ。

 

よんだ。

 

別に間違った情報について間違っていますよ、ということは問題ないが、その話をもってだから自民は云々という話を今する事ではない。

 

そんなことを個々の事例で言い争っていたら、正直お互い消耗戦を続けるだけで、間違いなく、自民も民主も同じだけ糞なんだから。

まぁ、歴史が長い分、自民の方が失点は多いだろうが、その分、民主には得点が少ないのでもはやどっちもどっちかと。

 

さて、国民的には「今そんな事をいっている場合じゃないだろ。救助活動や自体の収集を終えてから反論すべきだろ」という事を思っている人もいるだろうし、「間違いはたただすべき」と思っている人もいるだろうし、まぁ、それはどっちもいいかと。

 

重要なのは、仮にどうであれ、この10年〜20年という期間において、日本の運営に関わった全ての政党・政治家、それを支えた国民の全てが愚かであったという事実は変える事はできないわけで。

 

自民が糞だったとして、その自民を長きにわたって与党の座に君臨させた野党の罪は重いし、そのような構図にした有権者の罪も重い。

 

今回のようなほんとうにしょうもない言い争いをやっているようだから、日本の政治家は子供の喧嘩を国政の場でやっているわけで、有権者もこんなアホな事を容認してはいけない。

 

デマを流すというのは本当にろくでもない話なんだが、結局デマが広がったというのは、それだけ有権者が実際の事を知らない・理解していない・調べないという状況を利用しているわけで、有権者自身が自らを反省しなければならない事を表しているに過ぎない。

 

この話から学ぶべき事は、多くは無いが、ただ、この話を単に「デマ乙」ですますのは失われた10年、20年をさらに深長させることになるという事は理解すべきかと。

 

とりあえず野党不在とかいわれないようにまずはちゃんと野党やれよという話。

 

国民も有権者としてもう少し真面目に一票を投じろよという話なだけだよ。