読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない記録

なんとなく自分の意見を書き記すときにつかいます。つまり不定期更新です。

批判したい為だけに都合良く時系列を整理するような事はやめましょう

 

どうにも混乱しているようですが、報道内容を元に後藤さん関連事件経過を見てみます。 - 誰かの妄想・はてな版

本気で頭悪いのか、あえてスルーしているのかしらないけど、出国後に政府ができることなんて限定されているでしょ。11月は既に捕まっているわけで、それ以前に現地入それも国境付近なんて連絡とれなくてあたりまえ

2015/02/05 13:32

 

よんだ。

 

記事主も相当混乱しているようで、自分の記事に引用している文章に書かれている内容ですら、華麗にスルーです。

 

安倍憎しですね。わかります。

 

そもそも、10月以降政府はそれまで直接の注意やお願いをしていたのに一切何もしていないじゃないかという意見ですが、引用にもあるように、そもそも彼は10月下旬には現地入りしています。

 

ですから、10月下旬以降、事実上今の日本政府が介入できる事はないでしょう。

 

海外に出た事が無い方にはわからないかもしれませんが、国境付近、特に治安の悪い地域ではそもそも滞在する事自体が危険であって、そこに政府の関係者がわざわざリスクをとってまで赴くべきとかあまりにも異常な話です。

もっとも、そんな地域ですと、探す事自体が難しいですから、仮に赴いても見つける事はできないし、それまでに翻意できていない時点でご本人の意思は変わらない時点で、現状の日本の法律ではどうする事もできません。

 

あと、これもまた自宅警備員とかにかまけていると理解できないかもしれませんが、基本的に相手ありきの外交というものは可能性に過ぎない時点では相手の国のメンツもあるのでキャンセルは非常に難しいものがあります。

 

特に資金援助等の話は、たんに資金を援助するだけではなく、その他の事も事前に調整されていますから、一ヶ月前にいきなり渡航やめます、資金援助やめますなんて事をいえば、おそらく中東地域を中心に世界のニュースの中心は日本政府の無能さが際立った記事がおそらく新年から世界の紙面で踊ったでしょう。

 

そしてその行動そのものがテロ組織の広報に利用されるという最悪の状況です。

当然、その結果、人質の生命が保証されるわけでもないんですけどね。

 

 

そもそもテロ組織の交渉は基本的に成功しない事が前提です。

 

事後に「こうするべきだった」「この選択が悪手だった」と、妄想し真剣に向き合って対応した人達を卑下するのは自由ですが、あんた、交渉の中心やってんのは安倍ちゃんじゃねーんだよ。

 

あんたが「安倍憎し」という名目で鈍器でぶん殴ってるのは、努力した現場の人間なんだよ。

 

官僚やそのサポートの人間が、それこそ場合によっては自分の命の危険もあるなかで、国内のみならず現地でも24時間体制で対応してくれていたわけで。

それを、「安倍憎し」という意見表明の為なら「妄想ですから」という理由のみで、勝手に言い放つってのは、ほんとテロ組織のそれに近いわ。

(対等な交渉をするきもないし、誠実な対応をするきもない)

 

今回の件はだれがどうやっても処置なんて限定されているわけで、それを批判する時点でもう批判する側に正当性なんてないよ。

 

発想としては、既に叶わない事ではあるけれど、人質を国際社会に批判されない形で、且つ、相手に利用されないような方法で解放できたという事であれば、その事を評価する話で、解放が叶わなかったという事で批判するなら、それはもう、雨がふったのは安倍ちゃんのせいだ、と、いっているようなものですよ?

 

問題点の検証は重要な事だが、それは公平で客観的に行わないと「安倍憎し」という頭で、最初から「怪しい」とかんがえてまとめるからどんどんおかしな方向にいくし、安倍ちゃんなんて実務なんてやってないのに気がつけば、安倍ちゃん憎しといいながら、実務畑の人間の努力を踏みにじるという愚行をおかす事になるんだよ。

 

冷静な仕草は振りだけでなく、ちゃんと頭の中も冷静になって書かないとだめだといういい例だと思いますね。

 

まぁ、本人が誰かの妄想っていってるんでどうしようもないけど。