読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない記録

なんとなく自分の意見を書き記すときにつかいます。つまり不定期更新です。

id:miyakawa_taku氏の返信

この記事は、id:miyakawa_taku氏からの返信に対する記事となります。

 

 

まず、返信について致命的な解釈の相違があります。

まず「国家の統治機構(例: 国会、自衛隊など)が「そもそも」するべきこと、するべきでないことは、憲法を通じて国民により規定されています」という点は、正しい認識でこの点は私も異論はありません。

 

しかしそれ以降の話は完全に矛盾しています。

「国家が何をするべきか、という決定は、まずその大枠が、主権あるいは憲法制定権力を持つ国民によって、憲法制定、あるいは改正という形をとって行われます。その上で、代表権が付託された国会によって、個別具体的な施策についての決定が、立法という形をとって行われます。」という記述をもって、「個別具体的な施策を先行させようとするid:sin20xxさんの要請は、話がアベコベです」と結んでいますが、この部分から既に破綻しています。

 

まず、憲法では第96条において必要な場合、憲法の改正手続きを定めそれを行う事を認めています。

そして、その手続きとは、まず国民の代表である国会議員の3分の2以上の賛成をもってそれを国民に対しあらためて信任するか否かの判断を仰ぎます。

 

このように明確に手順は明文化されており、国会において国民の代表である国会議員がその必要性を議論し、必要と認められた場合は改正に向けて手続きを行う事となります。

 

その為そもそもの議論として、まずは「その必要性の議論」が先であって、「改正の議論」が先となる理由はどこにもありません。

そうじゃないですか?「必要性」が確認できないのにどうして「改正しよう!」なんてなるんですかね?

 

アベコベと書かれておりますが、残念ながらアベコベなのはid:miyakawa_taku氏の解釈であって、私の意見ではありません。

 

ではなぜ「アベコベ」という事が争点になっているのか。

非常に理由は単純でid:miyakawa_taku氏は私の意見を意図的に曲解しています。

私は「手続きを先行させるべき」という事はそもそも1度も言っていません。

どこからそのような解釈が出てきたのか正直理解に苦しみます。

 

私は「必要性の有無をまずは十分議論すべき」と言っているわけで、「必要性が判断されたらどのように実現するか検討すべき」とし、そして「その実現手段が憲法に違反しているのであれば、憲法を改正してもなお実現すべきか適切な手順で信を問うべき」としています。

そして仮にその事が国民から信任されたとすればその時初めて憲法を改正するべきであると述べています。

 

どこをどう読むとあれを「まずは憲法違反など気にせず実現せよ」と解釈できるのでしょうか・・・

 

いまさらいうまでもありませんが今回の問題で「違憲」であるといわれているのはあくまでも現行憲法下での現状想定する方法での手段の行使が違反なのであって、日本という国がいかなる場合においても防衛の手段を行使する事が「違憲」なのではありません。

 

その為、根本的な議論として「国防」という議論や「国際協調」という議論において、日本が成すべき役割が、現行法に抵触するレベルまで引き上げる必要があると国民の代表である国会が認めた場合は、それを正しい手順によって憲法を改正し実施する場合は、何ら問題ではありません。

それともなんですかね、改正の議論は国民が発するべきで国民の代表であるはずの国会議員が国会において発議する事すら適切ではないとでもいうのでしょうか?

 

しかし、現状ではその「必要性」そのものの議論が中途半端であり、その結果、事を急ぐあまり「違憲」という議論を巻き起こす事となります。

なお、勘違いしないでいただきたいのですが、私は前回も言っていますが、現状の手順が適切であるとは言っていません。

(前回もこう書いたのですが、なぜか「開戦主義者」のように解釈されていますが)

 

私は前回も同じことを言っていますが、重要なのは「必要性の議論」であって、必要性がないなら当然関連法案の提出も不要ですし憲法改正も不要です、しかし国民が不安を抱える状況が生じていたり、国際社会において以前とは異なる役割が必要となる状況が生じ、それが国民の生活に影響を及ぼすレベルのものであり、対策が必要だという事であればその事について「実現すべきもの」を明確化させ、それが現行法に抵触するのであれば「憲法に定められた手続きに則り改正する」という事を行うべきなのです。

 

仮に法案の趣旨が妥当なものであり、且つ、現行憲法に違反するものであれば、まずは憲法の改正を行うべきで、その後、法案を提出し成立させればいいだけの話です。

これは全く持ってアベコベでもなく、憲法にも則った適切な手順であって、何ら問題でもありません。

 

この手順を「アベコベ」というならば、もはや日本の憲法と国会の機能は既に破綻しており、国として機能する事は不可能でしょう。

 

正直私からすると今回の政府のやりようを「違憲であり重要な問題である」と断じているid:miyakawa_taku氏のこの議論でのやりようも「議論」というやり取りにおいて、最低限相手の意見を正しく理解し、それに反論するという最低限の行為すら実現できておらず政府のやりようと同じだと思うのですが…

 

いかがですかね?

 

<補足>

 ・誤字・脱字を一部修正しました(6/23 1:39)