読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない記録

なんとなく自分の意見を書き記すときにつかいます。つまり不定期更新です。

当たり前の光景がお金になると言うこと

 

『10分4000円ということに「えぇっ!」』と驚いた話 - 描かずにはいられない日記

逆ですよ。貴方は他人が10分4000円以上はらっても吐き出したいような負担がかかる、非常にストレスの高い内容を知人であるという理由で周囲に話していると言うことです。持ちつ持たれつとはいえそこは理解した方が良い

2016/12/19 11:44

 

よんだ。

 

まぁ、コメントに書いた「貴方は・・・」は、記事主がそういったことをしているかはわからないのでちょっと一方的なコメントで、別に批判したいわけではないのですが、ただまぁ、世の中、たいていの人は周囲の人、家族、夫婦、親友、知人、ご近所さんなどなど、何かしら愚痴や不満を漏らすことはあるでしょう。

 

ただ、今回の記事のネタのように10分4000円でも吐き出したいものがあるって人がいるというのは、言い換えると、人はそれだけストレスを抱えることがつらいという事でもあります。

 

また、値段は決して安くもなく「高い」と思う人もいるとは思いますが、まぁ、他人の愚痴なんて普通効きたくないし、そもそも愚痴ってのは、本人が正しいともかぎらないわけです。

 

見当違いの意見や考えもあれば、正しいけれども世の中の中でねじ曲がってしまうもの、その他、勘違いや、単なる意見などなどいろいろあるとは思います。

 

それもそれらを見ず知らずの人から受取、聞き上手に徹し、そしてそのたった10分間で相手に満足感というか爽快感を与えるというのは、ある意味神業的なものでもあるのかなぁと感じます。

 

この商売自体は、ある意味キャバクラのビジネスに近いのですが、そもそもこれって日常で無意識的に他人に投げつけているとすると、逆に怖いなと思わなくもないですね。

 

夫婦でも、夫が職場の愚痴を妻に、妻が日常やママともの愚痴を夫に、子供が学校の不満を親に、両親が・・・などなど、無意識にそういったものを周囲の人にぶつけているとすれば、逆にそれだけの負担・ストレスを与えているのだな、と感じてちょっと怖いですね。

 

まぁ、冒頭にも書いたように、大抵の場合はみんな吐き出しているような状況だと思うのですが、環境によっては一方的(夫から妻、妻から夫、カースト上位のママは下位のママへなど)な状況が生まれることも否定できません。

 

そういった状況になると非常に恐ろしいですね。

 

核家族化や少子化、ご近所付き合いの現象など、さまざまな事情で家庭や人は孤立しやすい現代ですので、結果的にはこういったビジネスがより成長しやすくなるのかなぁとは思いますが、こういったビジネスを見たときは、やはり「なぜ」という視点と「その背景や影響」について冷静に考えたほうがいいのだろうな、と思いますね。

 

夫であれば仕事のミスを会社で起こしたとして、それを家庭に持ち帰らない努力であったり、妻であればママとも関係の愚痴を過剰に夫に愚痴らないとかそういうことでしょうか。

 

ただまぁ、あまり自分の中にため込むのもよくないので、どこかで上手くガス抜きする事は大事だと思います。

 

個人的には、女性の愚痴は女性同士で消化する方が無難(男性とは考え方も違う部分があり、多くの男性は、女性が望む形の対応ができない・・・)ですから、女子会というのはある意味よい文化なのかなとも思います。

同様に男性も職場や仕事の愚痴を言えでお酒を飲みながら家族にぶつける状況になるのであれば、月に1回や2回は外で家族以外とお酒を飲んだり、どうしてもダメならそういった愚痴がはき出せる環境を準備した方がいいのかなとも思います。

 

近い関係であればなんでもわかってもらえると思いがちですが、冷静に考えれば、近い関係であっても、他人は他人です。

 

自分ではない誰か、は、少なからず自分ではない意見や考え、感じ方をするわけですから、愚痴る側もその点は少し配慮できるといいのかな、とも思いました。