読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない記録

なんとなく自分の意見を書き記すときにつかいます。つまり不定期更新です。

コミュニケーションとは双方の努力により成立するものです

【炎上率脅威の9割強】絶対に叩いてはいけない危険ジャンル四天王。 | 地下室 TIMES 音楽、バンドをより楽しむ為に

炎上するかなぁ。それは叩く側がしょうもない理由で相手に食って掛かるからだと思うが。こんな記事書く人がさも自分は正当性があるように相手に食って掛かったら、炎上カテゴリ以外でも大炎上だと思うが…。

 

よんだ。

 

 

まぁ、どう考えてもこの記事自体が炎上マーケティングを狙った記事でしかないんだけど、それにしても雑すぎるなと。

 

 

記事読む限り、カテゴライズが数年前の引きこもりですか?という雑さだし、弄り方もちょっとわかり辛い。

 

それはさておき。

 

確かに炎上しやすいカテゴリーというものは存在していて、まぁ、一番はジャニオタだと思う。

 

あくまでも私個人の意見としてはね。

 

というか、ジャニーズは変化が早くて、一時期は男性から見ても「こりゃ確かにイケメンですわ」というような人がメジャーだったのに、突然「え、この人ジャニーズなの?」っていう人がすごく人気でてたり、そうかと思うと「あれ、なんであのイケメンがこんなに叩かれてるの(ファンから)」という具合であったりと、おそらくファンであっても着いていくのが大変なわけで、そりゃファン以外がちょっと横から見た程度で意見を簡単に挟めるものではないと思う。

 

アニオタもそうじゃないかというが、アニオタはアニオタ同士が自分たちの言い分をぶつけ合っている訳で、あれは炎上というより、主義主張のぶつけ合いが大抵なわけで、たまたまネット利用者が多いので、活況になる為、炎上にみえるだけかと。

 

最近あったキリトさんとお兄様の件がまさにそれかと。

 

 

なんでもかんでも炎上というが、活況なコミュニケーションと炎上は別物だよ。

 

ジャニオタに関わらず、例えば、新宿駅の地下道で18時前後の一番込む中、地下道の8割を占拠して交通往来の邪魔なんだよ、と、いったら、「それがどうした」とどこからとも無く見ず知らずのファンが群れをなしてきて、全うな意見や反論もなく、「ジャニーズに誤れ」という暴挙が繰り広げられる事は、これは炎上だと思うが、その手の話題で大炎上しているというのもそんなに見かけないけど。

 

あれもTwitterとかちゃんと見ると、ファンの人が「○○ファンがすみませんでした」みたいな冷静なツイートしているのも普通にあるし、アニメファンであっても、例えばこのあいだのアニサマ最終日の徹夜組の惨状とかについても参加者が苦言を呈し、清掃であったり、支援にまわっているわけで。

 

ダメな奴もたくさんいるけど、その中でちゃんとしているファンも当然大勢いるわけで、それを十把一絡げにして批判すればそりゃ炎上するわと。

 

もっとも、新宿地下道事件はジャニーズに限らず、アニメでも起きるし、女優・俳優等ドラマ・映画でも起きる話で、当然、これだから必ずと言う訳でもないし。

 

基本的に、何かもめ事が起きる場合に、そもそも自分から発言を投げつけて「炎上しました」ってのは、多少なり投げ方にも問題はあるかと。

 

投げるなら、少なくとも当事者以外から見た場合、投げた側に正当性がある主張じゃないと「お前それいいがかりだし、お前の個人的な意見でしかないし」的な扱いを受ける訳で、そんなコミュニケーションとっていて反論の嵐が来たとして、それは炎上というよりも自損事故でしかないと思うが。

 

どんな理由であれ、他人様が好きなものや興味あるカテゴリに合えて一石を投じるというのは、自分の立場で考えれば、まぁうざい以外の何者でもないし。

 

冷静に考えれば、実社会でそんな事をやってばっかりいる人間は普通に孤立するわけで、社交性ゼロでしかないと思うんですよ。

 

それがネットだと相手が悪いというのはどういう論理なんだろうか。

 

実社会でもネットでも、相手に意見する(間接的であっても)というのはそういう事だと思うし。

 

結局、あとからイナゴのように集まってくるのは、実はそれらのファンなんかじゃなくて、コミュニケーションが成立していないやり取りを見た周囲のまさに「関係のない人」たちが、おもしろがって炎上させる為に必死になっているのが大抵であって、その程度の事は周知の事実だと思うけどね。

 

まぁ、炎上狙いの記事に真面目に意見する意味もあまりないけど、炎上=相手が悪かったってのはあまりにも短絡的すぎるし、コミュニケーション能力ゼロすぎだと思いますよ。

 

そのセンスだと、別にそのカテゴリに限らず炎上させられると思いますが。