何気ない記録

なんとなく自分の意見を書き記すときにつかいます。つまり不定期更新です。

それは多分速度や効率ではなく寿命の問題なのではないかと

 

最近のmacOSでは一瞬でファイルがコピーできるという話 - Qiita

Macそのものの用途での効率という点ではほぼ利点は皆無に思える。少なくとも開発系では仮想化した環境であったりリモートコピーの類いが多いのでローカルリポジトリを構築しないと実質異なるIDの別ファイルでしかない

 

Macでは多くの機種でSSDモデルが主流になっており、既に磁気ディスクというものは使われなくなりつつある。

 

で、この仕組み自体は実は昔からある構想なんで目新しいわけでもないのですが、ただ、Appleがこれに取り組んでいる理由の一つはSSDモデルが主流になった事なのではないかとも思える。

 

SSDではどうしても寿命という問題がついて回り、これは磁気ディスクの故障という概念とは異なり、確実に時期が決まっている。

とはいえ、そもそも磁気ディスクも平均寿命でいえば別にSSDのデバイス毎の寿命と比較して長いわけでもないので、本来はそれほど気にすべき問題でもない。

 

ただ、一般的なパソコンと異なり、Macの現行機種は絶望的にメンテナンスが行えない。

 

SSDの寿命を迎えた場合、基本別な物理デバイスにバックアップが無ければ移行する事はできない。

これはSSDの問題ではなく、MacSSDを管理する仕組み上単純にコピーする事ができない構造であるため、取り外して簡単に復旧とはならない。

 

その上、正規代理店以外での修理も基本行えず、SSDの寿命を迎える時期には基本的にはサポート契約(最長3年)は切れている為、相当高額な修理費用が発生する事が想定される。

主なボードまるごと交換となると軽く二桁万円に達するだけでなく、Macの修理は(私の経験と見聞きする限りでは)部分修理が原則認められないため、故障判定された箇所は全交換を前提で見積りがでてくるわけで、なかなかクレイジーな仕組みという問題もある。

 

この辺は日本ではあまり影響がないと思うのだが、個人の権利に厳しい海外ではおおよそ訴訟問題に発展するのではないかと思われる。

 

その為、この部分についての対策としてはSSDに長生きして貰うしかない。

 

よって物理的なコピーを抑制するというのは効率的な目的ではなく、単純にSSDの寿命の延命化と、その裏には訴訟対策があるのでは?というのが個人的な読みです。

 

まぁ、ソースなんてないけど。

主張には同意だけど、整理の方向性はちょっと違うかなと

 

「モトカレマニア」 MGTOWハラミ会に何か一言物申したいならせめて該当の2話くらい読んでからにしようよ - この夜が明けるまであと百万の祈り

そういう事でもないのではと。つまりそういった感情についてどう思うかという議論であって、別にこの物語全体についての是非を語っている訳はないのだと思うが。男性が保守的になるのは妥当なのか否かという話しかと

 

本文そのものの主な意見には特に異論はないです。

私も非現実的なお話としての一面もあれば、そもそも男性(女性)がそれぞれの立ち位置で保守的に振る舞う事は別に問題ないし、その先の業務の範囲のコミュニケーションはその範囲で適切に行えばいいと考えます。

 

ただ、整理する過程で全てを読むべきという点については違うかなと。

 

結局、現状の議論はこのお話が妥当なのかどうかなどという話しにはなっていなくて、単純に男性が女性と距離をとるという行為そのものについて、銘々が意見をだしているわけで、もはや元のお話についてほとんど興味を持たれていないという残念な事実があります。

 

極論言えば、元ネタのお話でとんでもない方向に話しがぶっ飛んでいたとしても、おおよそ大半の方は興味をもっていないし、議論としては「物語(状況)の正当性」ではなく「局面(状態)の正当性」のでそれはそんなものかなと思います。

 

Twitter等で一連の流れの話しを取り上げてさも問題あるかのように扱う事との違いとしては、例えばTwittrであればその会話全体で一つの事象を伝えているような場合は、その全体を読まなければそもそも話しが伝わりません。

一方でその一連の流れの中の一つの投稿の中で不適切な引用であったとして、その引用についての指摘や議論であれば全体を論じる意味はありません。あくまでも"引用"という行為についての方法や問題点を議論すべきであって、それ以外の議論を混ぜてしまえば論点がぼやけてしまいます。

 

このお話で言えば、例えば"我々は一般女性とは飲みません"という一コマや一つの言葉だけを取り上げて問題視すればそれは一つのストーリではないので「何をいっているの?」という事になるでしょう。

 

一方で、今回の話しは"我々は一般女性とは飲みません"という主張について、その理由を"ハラミ会だから"という事であると説明し、その"ハラミ会"とはという説明まで引用しています。

 

結局ここで議論となったのは、この"ハラミ会"というものの存在やその考え方であって、この"モトカレマニア"というお話や、その中のストーリー全体ではないと思われます。

 

ですので、そのストーリー全体を理解していないとしても"作品への批判をしているわけでない"という事であれば、別に問題はないと考えます。

 

仮に作品に対しての批評をされたい方は、当然ですが作品がストーリーを通して伝えたい事を理解するためにちゃんと読みましょうね、という事は妥当だと思います。

そもそも職場の"同僚"程度で友達と同じレベルの信頼関係なんて存在しない

 

「ハラミ会」はセクハラ回避の最適解ではない?「相手を人として尊重すればいい」「いやそれが難しい」などの声も - Togetter

まぁ、そらそうだろうが、ちょっとした勘違いで人生を失いかねないわけで、そうなると必然的に選択肢はより保守的な方に流れるのは当然だと思うけど。少なくとも絶対的な定義がない状況では完全には防げないわけで。

 

その話し以前に、そもそも職場の同僚なんてのは仕事の延長線上の付き合いであって、本気で一緒に食事をしたい相手である場合は個人的にはそれほどないように思うが。

 

私の場合は、むしろ信頼しない相手ほど適当に扱う(本音で話す事もないし、怒りも、悲しみも感じない)わけで、そういった意味では食事をしたいとも思わないし、別にお互い余計な踏み込みはしてほしいとも思わない。

 

正直、食事やお酒に誘われても適当な理由でお断りする事も普通にある。

 

あくまでも"仕事"の領域でお互い大人として付き合っているわけであって、その領分を超える必要はないし、超えても欲しくないわけで。

 

当然、男女に限らず、信頼出来る人間であれば誘うこともあれば、誘われれば時間を作るわけで、言葉の表現は別として、結局は信頼関係がないというだけの事だと思うけど。

 

そもそも職場で仕事の領域を超えた関係を作るというのがおかしいわけで、仕事であれば酒抜きでやるべきだし、仕事でないなら"同僚ではない何か"、例えば友人なのか、それとも恋人なのかとかそういった関係でないとわざわざ付き合わないでしょ。

 

少なくとも"友人"として食事やお酒を友にするには、それなりに時間をかけて関係を作る必要があるし、作りたいと思わせる相手でなければならない。

 

これまでは男性が女性におごるというのは当たり前のような世の中であったが、これからは違うし、女性もお酒の席で男性の相手をしなければならないわけでもない。

 

あくまでもそれぞれが尊重しあえる相手であれば時間を共にすればいいし、そう思えないような相手と少なくとも時間を共にしたいとは私は思わないんだけど。

 

そもそも前提として、職場で仕事の領分を超えたお付き合いを求める事を、まずは異常だと思うべきだと私は思いますがね。

お前が言うな案件でしかないと思うが

 

ゴーン追放はクーデターか…日産社内で囁かれる「逮捕の深層」(井上 久男) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

クーデターかどうかはわからんが、少なくとも有報の偽造を数年間行った上、それだけの個人支出を上場企業として捻出しておりそれで決算通している時点で仮に彼が癌であっても、その周りの現状の経営陣も糞なんだけど

 

記事の中身の真偽はなんとも言えないが、ただ、少なくとも現経営陣及び経営幹部もかなり悪質である事は明らかなんだが、なぜ彼らはさも「ゴーン氏に欺された」的な雰囲気で自分達は正義みたいな面で記者会見しているのだろうか・・・。

 

企画したのはそら当人とその関係者なのだろうが、有報の偽造や辻褄合わせなんてものは当然組織的関与が無ければ行えない。

いや、全員実態としての報酬額を「知らなかった」はずはないし、経費の不正使用についても「知らなかった」はずはない。

 

で「権力が・・・」というが、それは一般社員の話であって、上場会社の取締役レベルの人間が言う話しではない。

 

その上これが前年に行われて今年発覚というならわかるが、お前何年間放置してたんだよというレベルで、完全に無法地帯であったわけで、その間の経営トップや幹部は全員同罪だろ。

 

恐らくはあの時期は不正問題や色々とゴタゴタがあって、今言ったら損だよね、という思惑もあったのではないかと思うし、そういった思惑で公表をしていなかったとすれば、それこそ上場企業として不適格でしかない。

 

ようは、自分達で今後の会社を独り立ちしてやっていく自信がないから「時期が・・・」「環境が・・・」といっているわけで、お前、個人の転職活動じゃねーんだよと・・・。

 

クーデターかどうかはわからないが、日産幹部が今後負うべき問題は「言い訳はいいからちゃんと経営できるんだろうな?」という話しであって、それ以外には何もない。

 

何らかの話しがあって司法取引が行われたのでは?という話しもあるが、それであっても、結局のところ会社の評価としては「ゴーンはどうでもいい。お前らヤレンだろうな?」でしかないので、既に目線はここから3期程度の決算で数字で語れるか否かでしかない。

 

どうも記者会見を見ていると、凄く他人事のように発表している様に思え、あれは沈む船の船長の顔ではないのか?と思うのだが。

 

なお、西川氏はwikipediaによると2003年に執行役員となり、2005年には取締役兼副社長に就任、2011年には代表取締役就任、2016年には共同最高経営責任者に就任という華々しい経歴なわけですが、この15年間、もっと言えば、氏が実質経営トップとなった2011年から不正が行われていたわけで、お前がその時期の責任者なんだが?としか言えないんですが。

 

本件決着したら辞任するんだろうか、見物ですな。

 

入手と活用はできるけど、それは「公開されている情報」ではないよ・・・

 

【拡散】netgeekの運営会社情報大公開と、被害者集団訴訟のお知らせ|More Access! More Fun!

私が認識する限り登記情報というのは個人情報として分類されており、取得目的を逸脱した利用は権利の侵害にあたる可能性が高く、また、登記簿が公的情報として公開されているのはその管理の為で転用/悪用は違法だが

 

登記手続きによる情報の管理とその情報について適切な目的による閲覧及び写しの申請が可能というのは、これは法的な手続きの実現を行う為の手段であって、あくまでもそれは目的が適切であった場合に許諾されているものです。

 

例えば、ある会社が不法行為を行っておりその行為について何らかの手続きを行う場合、責任の所在であったり、権利者を特定する方法というものを提供しており、そのような場合に、登記情報を照会する事で誰に対して行うべきかを特定する為のものです。

 

なので、法人に対して法的手続きを行う為に登記情報を取得し、それに基づき裁判手続きを進める事は適法(というか、相手方を特定する情報がないとそもそも書記官との間で話しが多くの場合で進まない、少なくとも民事では)ですが、その話しと、取得した情報を不特定多数に対して開示してよいかという話しは別です。

 

個人情報の管理とは、ざっくりいうと、取得、管理、活用という工程があります。

取得とは、誰からどのような情報をどのように取得するのか?という話しです。

管理とは、どのような情報をどのように管理するのか、また、その場合、管理されている情報の訂正や確認はどのように行うのか等の話しがこれに該当します。

活用とは、管理している情報をどのように利用するのか、場合によっては第三者への提供を行うのか、行う場合はどのような情報がどのような形で提供されるのかなどという話しがこれに該当します。

 

現時点で個人情報に該当する情報は第三者から提供を受けた場合であっても、提供時に管理や活用に関する取り決めを行い提供を受けるか、または、自身で取得し適切に管理するかのいずれかの方法になりますが、何れの場合も、件数にかかわらず個人情報保護法の影響を受けます。

また、以前は事業主体者や件数による対象の規定がありましたが、改正後はそれらの制限がなくなり、全ての法人・個人、件数については1件でも該当する情報を取得または所有した場合にはその制限を受ける事となっています。

 

よって、入手手段が何れの場合であっても、取得済み情報を不適切に利用した場合や、管理に不備が合った場合は、個人情報保護法としての不法行為としての指摘は免れません。

 

ですので、公開すべき情報が少なくとも個人情報に該当する場合は、本人が公開している場合または本人から公開する事を許諾されている場合を除き、入手手段を問わず自己が取得した個人情報についてはその管理責任を免れません。

 

私はよく、電話セールスが来た場合に「なるほど、貴方は私の個人情報をお持ちなんですね、では内容の妥当性を確認したいので、管理規定の開示と情報請求手続きの説明を行って下さい。また、取得期間中は私の求めに対して都度適切に情報が正しい状態となる管理義務を負うのですが、それでも問題ないですね?」というお話をしております。

 

まぁ、大抵の場合、掲示すべき情報が準備されておらず、また、訂正手段も準備されていないので、その後、ごにょごにょという議論で情報削除の話しになるのですが、これは名簿屋(既に2件は相手方特定済み。そのうち訴えようかなぁと思ってはいるものの、個人情報を買うアホ会社特定≪ダメ会社/付き合わない会社リスト作り》の方が現状は有益なので、今の所は放置)が延々と販売し続けているので、ずっと繰り返さないといけないのですがね。

 

という事で、入手した個人情報が本人同意の上での公開情報であれば問題ないですが、おそらくは登記情報というのは無条件開示を想定しているものではないので、それを公の情報として開示するのはおそらくまずいと思われます。

 

もっとも、権利が侵害されたとして相手方が訴えた場合も、和解金額というのが日本では小さいのやったもの勝ちというアホな状況ではあるのですが・・・。

 

但し、罰金刑の対象となった場合は「和解」という話しではないので、そこそこの金額となります点ご注意下さい。

 

まぁ、何れにせよ、あまり取得した個人情報を目的外利用するというのは、仮に転用先が(自身にとって)正しい行為であったとしても、あまり褒められる事ではないので、その辺はうまく立ち回られた方がといかと思います。

(たぶん)ちゃんと設定すれば大丈夫だと思うよ

 

海外からDDoS攻撃してくるカメラをシャットダウンしてしまうのは不正アクセスなのか?自首してみたが返答がない!そして泥沼のDDoSへ - ncaq

"普通のクラウドサーバやレンタルサーバに移行することは出来ません.IPアドレスがスパム扱いされてしまうので" その論理もよくわからんけど、どの部分を自前で運用したいかによるが送信部分だけを外部にリレーしては?

 

割り振られたIPアドレスの信頼性によりスコアが下がるという事であれば送信部分だけを外部にリレーしてしまえば信頼性スコアはリレー先の評価によるので、基本大丈夫かと。

 

一方で、ドメインの信頼性スコアという事であればちゃんとレコード設定していれば問題はないですよ。

 

まぁ、実際レンタルサーバーや使いまわしのIPアドレスは酷いヒストリーを持っているケースもあるので微妙ではあるものの、それ自体は適切に対応すれば大丈夫。

 

メールサーバを自前で運用するメリットは現状だと勉強以外にはないと思う。

少なくとも昔はメールをトリガーにしたシステム構築時はどうしても回避不能だったけど、今はAPI利用による方法もあればハイブリッド(一部を外部利用)にすることも簡単にできるので、完全に自前にするというのは私が知る限りではコスト(電気代、回線費用、運用コストのトータル)を考えてもあまりメリットがないと思う。

 

一度目的を整理して再編する方がよいのではないかと思う。

例えば誰なら皆妥当だと思うのだろうか?

 

これをいじめなどという卑近な感覚で処理してはいけない。国政を預かる大臣に、適した能力を持たない者をあててはいけない。首相の任命責任が問われるべき。 - kenjouのコメント / はてなブックマーク

虐めだとは思わないけど、そもそも政治家に適任なんていないと思うんだが。民間委任は現実的には難しいわけで、なので外部委員会も設けてる。例えば今の政治家で与野党全て含めていいのだけれどそもそも誰なら適任?

 

サイバーセキュリティー担当、桜田氏はUSB知らず - 社会 : 日刊スポーツ

USBへの知識の有無と情報セキュリティに施策の実行能力に関する素質の有無の判断は何か関係あるんだっけ?専門家に答えさせる事は適当だと思うし、そもそも攻撃手段の話しならUSB以外に沢山あるけど全部質問できるの?

 

Japan's cyber-security minister has 'never used a computer' | Hacker News

悲しいことに当事者である日本人よりも冷静なディスカッションが行われている事。必要条件なのかそうでないのか。なぜそれが備わるとよいのか。備わるべきはどの程度なのか。意見は賛否両論であるように思えるけどね

 

まぁ、虐めではないし、間違いなく追求されている点について説明責任もあるし、仮に任命者自身が不適切であると認めるならば(つまり任命した確固たる理由がない・・・)当然任命責任も負うべきだしそこは追求されて然るべきだと思う。

 

が、そもそも技術者の端くれとして言わせて頂くと、現状の政治家のだれが任命されても役立たずで、下手に意見を述べるような人間は邪魔でしかないと思うんだよね。

 

まぁ、確かに、パソコンなんて使った事もない、なんて言われると、仮にパソコンを使った事があったとして、それがセキュリティ施策の実施面においてどの程度有用なのかなんて考える以前に、いやいや勘弁してよ、と言う反応は至って正常だと思うし、当然の反応だと思う。

 

ただ、やっぱりだったら誰なら適任なの?という疑問は残る。

 

私は、上に立つ人間に必ずしも技術やスキルが備わっていなければならないとは思わない。

実際問題技術の世界では常に宗教戦争と呼ばれるような問題もあるし、ある手法を巡っての対立や解釈の違いというものもそれなりにある。

その上、一番不幸なのは、優秀な担当者や中間管理職がいても、無能な囓った程度の(自称)技術をわかったトップや上役がいた場合、中途半端な方針設定をされたあげく、自身はそもそも何もできないので丸投げするというトンデモ事案も多々見受けられる。

なので、そもそもチームビルディングとは、誰がその中のどの役割を担うのかという事が明確であり、その役割の設定と責任の所在を明確化でき、そしてそれを健全に運営できれば、極論未経験であっても全く問題ないし、むしろ、運営面においては半分は優しさではないが人間性とか(本当の意味での)協調性の方が重要になる。

 

大抵の場合、技術であったりセキュリティ案件に対応するなどというのは、技術的な側面よりも政治的で組織的な活動を如何に円滑に進めるかであったり、予算の調達、執行を、所謂直接的な収益を生まない取り組みについて上図に回してくれるのかという行為ができるのかできないのか、そういった事の方が大抵は負担が大きくて、技術的にどのような対応が必要かなどというのは正直粗末な問題に過ぎない。

 

そもそもそんな所は優秀な人材に任せるしかないし、どのみちわかる人間なんて専門家以外の何物でも無い。

 

当然メールが使える程度ではセキュリティに関する議論もできないし、パソコンが使えたところでお話にはならない。

 

もっと言えば、プログラムやシステム設計ができる程度でも役にたたない。

 

情報セキュリティ施策というのは非常に難しくて、各種法律と権利のバランスであったり、脅威に対して保護すべき対象を如何に適切に見極めるかという事であったり、それを如何に民間の反発を負わずに上図に頒布するかであったりと、なかなか難しい。

 

単純に「お高いルーター買ってきましたー」みたいな話しではないし、「Windowsアップデートやっときましたー」みたいな話しでもない。

 

彼が適任ですか?と問われると私には「わからない」としか言えない。

が、議論されているような話しはそもそも適正についての議論とは遠い話しだし、USBなんてどうでも良いし、パソコン使った事ないなんてのもどうでもいい。

 

ただ、彼がチームマネジメントをするという点において不適切であるなら私は適任だとは思わないし、逆によくわからんけどそこがとんでもなく優れているとか、なぜかお役所から好かれていて調整が抜群にすごいとか、そういった事であればそれは素養があるのだとうとは思う。

 

政治家に求められるのは、せいぜい、そういった今の日本の執行体制について理解しており、その血肉を生かす舵取りができるかどうかであって、政治家として自身が素人レベルで学んだか?などという事ではないと思うが。

 

いったい皆、例えば誰であれば「十分な資質を備えているな!」と言われるのか是非しりたい。